アジアの島国からやってきた大学生が、アメリカ合衆国で感じた驚きや発見などを書いてみるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここに来た当初、『ボランティア精神はアメリカ人の根っこだから』と知人に言われたことがあった。
その言葉の意味が、今はなんとなくわかる。


家からバス停へと走っている途中、幾度となく近所のアメリカ人に車に乗せてもらったことがある。
走ってきた車が突然止まって、『バス停行くの?!通り道だから乗って行きな!』と乗せてくれるのだ。
22年間能見台で家からバス停めがけて走ってきたけど、こんなことは一度もなかった。


バスに乗っていても、何度となく席を譲るアメリカ人の姿を見たことがある。
お年寄りに対してだけじゃない。重い荷物を持っている人、体が少し不自由な人、小さい子供がいる人…
日本での電車でも席を譲ることは一つのマナーだけど、アメリカ人の譲り方はマナーというのとは少し違う。
”ボランティア”という考えのほうがどちらかというと近い。
言葉ではうまく説明できないけど、なにかが少しだけ違うのだ。


ホストと車に乗っているときも、ホストマザーはレモネードを売る小さい子達の前で必ず車を止める。
$1しないレモネード。なぜ毎回買うの?と尋ねると『他の人を幸せにする簡単な方法だからよ』と答えた。


おせっかい、というのとも少し違う。
見返りとか、自分の利益とか、自分がどう見えるかとか、そんな考えもそこにはない。
ただ困っている人を助ける、というのが根っこにある人たちなのかなと思う。
それってすごいことだ。
”超”すごい精神だ。


この精神を学ぶのは非常に難しい。でも私も自転車で走っていてレモネードを売ってる子供たちを見つけると、毎回自転車を止めて買ってみています。
ありがとう!とその子たちに言われるたび、ホストマザーの言葉を思い出しています。












スポンサーサイト

【2010/09/19 13:42】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。