アジアの島国からやってきた大学生が、アメリカ合衆国で感じた驚きや発見などを書いてみるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日買った雑誌で、おもしろい記事を見つけた。

テーマは『世界のランキング』。

教育や健康、経済の発展なんかのセクションに分けて国をランキング付けしたもの。
それらを総合して『良い国』をランキング付けする。
かなり無理やりな企画だけど、へえ~と思うとこもあったりしておもしろい企画だった。
ちなみに『すべての国の中で良い国』のランクで1位はフィンランド。日本は9位。アメリカは11位。
でも『著名な国のなかでの良い国』のランキングでは日本はなんと1位でした。


この日本のかなり良い線いっているところに驚きもしたんだけど、『教育』のセクションでとても興味深いランキングを見つけた。

『教育』セクションの1位はフィンランド。2位は韓国だった。(日本は5位)


記事は韓国をフィーチャーしていて、『教育の熱心さが、近年の韓国の発展に大きく関わっている』と説明。


こちらで仲良くなった日本人の女の子にこんな話を聞いたことがあった。
その子は2年ほど前にもアメリカに留学経験があるんだけど、以前留学したとき語学のクラスにお母さん的年代の韓国人の女の人が何人いたらしい。
実はその人達、娘の留学について一緒にアメリカに来た人だった。
その当時、韓国では娘・息子と一緒にアメリカへ留学する、というサービスみたいなものがはやっていたらしい。
子供たちをアメリカの一流大学に入れるために、親も一緒にアメリカにやってくるというシステム。


キムヨナちゃんのお母さんが確かキムヨナちゃんの練習についていくために一緒に海外へ渡った、と聞いたことがあってその熱心さに驚いたけど、その話にはさらに驚いた。



そして思い出したのが韓国人のクラスメート。
クラスメートの韓国人の女の子で、私と全く同じ学年で全く同じように1年大学を休学して留学している子がいた。
『皆と一緒に卒業できないのは悲しいよね』と言うと、
『でも私の学校の友達もだいたい留学しているから…』と言われて
どういうことだ?と思っていたけど、こういうことか!とそのランキングと友達の話で合致した。


このランキング全部がどの程度正しいのかもわからないし、留学が教育の全てでも全くないとは思うけど、
韓国の教育の熱心さは確かなんだろうなあと思いました。







【2010/11/03 14:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。