アジアの島国からやってきた大学生が、アメリカ合衆国で感じた驚きや発見などを書いてみるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐れていたことが起きてしまった。

虫歯になった。


義井家は兄弟3人そろって虫歯にすごくなりやすくて、3人とも歯を磨いていないとかいうわけでもなく、
なにか歯の性質的な問題があるらしい。
実際私も兄も歯がすごくやわらかくて虫歯になりやすい、と歯医者さんに指摘された。


だから恐れてはいたんだけど、アメリカの水には虫歯を予防するフッ素が入っていると聞いて少し安心していた。
そしたらそれは甘かった。


アメリカの歯医者のなにが恐ろしいって、英語で歯医者さんと話さなきゃいけないことじゃない。特別歯医者嫌いなわけでもない。
いちいちアポイントメントを取るのもとても面倒だけど、このさいそれもどうでもいい。


金額が半端ないのだ。

私は2本の虫歯の治療で、5万円。
神経もやられている可能性があるらしいんだけど、神経取る場合は13万円との見積もり。

ここに来るとき『歯の治療も入っている保険に入れ』と30回くらい言ってくれた父に、本当に感謝だ。


治療の仕方も日本のそれとは、色々違っていた。

なぜかパイナップルの味のする麻酔をされ、それを飲まずにいようと必死になって窒息しそうになり、なにかシートのようなものを口の中に貼られ、なにか口を開けている形に固定するための機械?を口にはめられ、1時間半ほぼ休みなしの治療。
(シートはあとで聞くと、よくドラマの手術シーンなんかで見る手術する個所以外を隠すシート?の歯バージョンだったらしい)


結局パイナップル味の麻酔を少し飲んでしまったからか、治療中寝てしまったんだけど、久々に歯医者さんですごくどきどきしました。


でもなにより違うのが、アメリカの歯医者さんの虫歯の治療は1回でおしまい。
日本の歯医者さんみたいに何回かに分けたりしないらしい。

ここでアシスタントの方に聞いたんだけど、アメリカでは虫歯はなる前に予防!が基本らしくて、半年に一回歯を1本1本検査したり、1年に一回レントゲンで検査したりするシステム?があるらしい。


アメリカの歯医者さんは色々と進んでいるらしいから、それを経験する良い機会にはなったかも。
とかのんきなことを言っている場合ではなくて、今はただ神経がやられていないことを祈るのみです。








【2010/11/11 16:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。