アジアの島国からやってきた大学生が、アメリカ合衆国で感じた驚きや発見などを書いてみるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cokie.jpg

クッキーを焼きました。

ステファニーと、ナターシャと、ナターシャの友達の少年の四人で。

クリスマスの時期にクッキーを焼くっていうのは、一つの伝統のようなものらしく
『この時期になると毎年クッキーを焼くのよ』とステファニーは説明した。


アメリカに住んで10ヵ月。いくつもの甘すぎる『アメリカ製』クッキーやマフィン、ケーキもちろん食べてきて、その経験値は確かに私のどこかの価値観を変えていた。


甘い甘いバター味のクッキーの上に、さらに甘い砂糖のペーストを塗るのにはもう驚かなかった。
緑や青、紫と言った、その毒々しい色のペーストの色にも動じなかった。


わいわい皆で笑いながら作ったクッキーは、やっぱり少々甘すぎるのはいなめないものの、
味よりおいしい味がした。


でもやっぱり私は日本人だったのだ。
驚いたのはそのあとのこと。

午後にいくつか予定があったため、そこで会う人達にクッキーを持っていくことにした私に、
ステファニーは『ユウが持って行く用に準備してあげるわね』といい、
大きな大きなプラスチックのお皿にサランラップをかけたクッキーを
『これで持っていくといいわよ』と手渡してくれた。

え?
お皿で持ってくの?

持っていく先は近所とかでなくバスを乗り継いで1時間くらい走った街中。

戸惑う私になにを勘違いしたのか、『こっちのガラスのお皿の方がきれいかなとは思ったんだけど、これよりそっちのほうが軽いから持ち歩くにはそれがいいわよ』とステファニーは説明してくれた。


本当にカルチャーショックを受けるのは、こういうときのこと。
クッキーをキッチンペーパーを敷いたボックスに入れて、大きな紙袋にさげていくんではなく、
クッキーをお皿で持っていくときのこと。
それは、これまでの常識が覆されるときのこと。


そういうわけで、その日は色とりどりのクッキーの乗ったお皿を手に持って街を歩き回った。

でもさすがアメリカ人。
通り過ぎる人もああクッキーだ、っていう感じでちらって見るくらい。これが横浜駅や山手線の中だったりしたら、ジロジロ見られるのは間違いないと思うんだけど。


ボックスや袋に入れることが常に普通じゃないんだろう。
でも、心優しい日本人の方に大きな袋をもらって、
やっぱりクッキーはお皿じゃなくて袋に入れて運びたいかも、と思った。

【2010/12/14 18:21】 | 未分類
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/22(Thu) 23:32 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/22(Tue) 14:23 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。